アラフォー 婚活 男性

アラフォー婚活男性のための「結婚できる!必勝婚活マニュアル」
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

目次

 

女性の前でこれは絶対NG! やってはいけない最悪な行動TOP5

 

男と女の感覚は全く違います。そのため男は良かれと思ってやってしまう振る舞いも、女性にとっては最悪の行動に感じるものがあります。そんなことになったらその人とはもうおしまいです。

 

そこで、はじめに男の感覚から見れば「え?何が問題あるの?」と感じても、女性にとっては「かなりNG!」な行動、その代表的な5つをご紹介します。

 

婚活を始める前に、婚活の準備運動の意味も込めて、以下の5つの「NG行動」を頭に叩き込んで置いてください。

 

  • 腕を組んで同時に足も組む
  •  

  • 熱い話を語り続ける
  •  

  • リュックで会いに行く
  •  

  • 若作りでキメていく
  •  

  • 手ごたえを過信してスグ調子に乗る

 

これらの行動を女性に対してしてしまうと、完全にひかれること間違いなしです。お気をつけください。

 

 

 

まずは何も考えずに、複数の女性と話してみましょう!

 

そんなポジティブな姿勢は評価に値しますが、そのやり方でいきなり結果を出せるようなタイプなら、既に結婚できているでしょう。

 

思い出してみてください。試験に備えた試験勉強、運動する前のストレッチ、就活する前の書類や面接の対策、これらの全部で「事前準備」をやってきたはずではないでしょうか。ならば、婚活だって同じです。入念なアップで頭と体をほぐしておくべきでしょう。

 

ここでは、婚活を始める前にまず考えておくべきこと、やっておくべきことについて、真面目に考えてみます。

 

 

結婚のネガティブイメージを消す

 

 

「結婚して何の徳があるの? 結婚なんてしなくてもいいんじゃないの?」という思いと「結婚して幸せな家庭を築きたい」という気持ちのぶつかり合いをすることがあると思います。

 

しかし、ここであえて言わせていただきます。「結婚は素晴らしいものです!」

 

だから迷っている暇はありません。一緒に婚活を頑張っていきましょう。

 

ネガティブイメージ@ 自分の時間が無くなる

「趣味に使う時間がなくなった」「自由に行動できなくなった」、結婚最大のデメリットはおそらくこれでしょう。趣味に没頭できるのはぢ独身の特権ですからね。残念ながら、自分の時間は完全に無くなる!…とまでは言いませんが、間違いなく激減します。

 

ネガティブイメージA 自由に使えるお金が減る

多くの場合、結婚すれば小遣い制になるでしょう。月に3万円?5万円? どちらにせよ、間違いなく足りません。だって、仮に3万円だったら、一日に千円ですよ? お昼ご飯を食べて、あとは漫画でも買ったら終わりです。ご飯代は別枠でもらえるかもしれませんが、それでも足りなくなるでしょう。

 

ネガティブイメージB いつまでもラブラブではいられない

結婚のポジティブイメージで最たるもの、それはおそらく、「行ってらっしゃいアナタ(チュッ!)」みたいな、常時イチャイチャモードの楽しさでしょう。ですがこのモード、長くは続きません。間違いなく続きません。断言できます。

 

じゃあ、一生独身でいるつもり?

20代の頃はまだいいです。でも、30代40代と年くっていくにつれ、「友達と遊んでれば楽しい」という感覚が薄れてきます。そうなると、独り身の寂しさはホントにもう、真剣にこたえますよ。家族が欲しくてたまらなくなります。断言できます。

 

もう一度言います。結婚は素晴らしいものです!!

たしかご結婚することによって失うものは多々あります。色んな不自由さも生まれます。でも、マイナス面を補っでもなお、余りある程のプラス面があるのです。 「家族のために頑張ろう!」、そう思えるって幸せなことだと思いませんか?

 

婚活がうまくいく準備ができたら、次は出会いを探しましょう!結婚に一番近い出会いの探し方はこちらから >>

 

 

自分に自信を持つ

 

 

ここであえて厳しいことを言わせてください。

 

このサイトを見ている人が「耐女性」ということについて自信満々という人生を生き抜いていることはないと思われます。しかし、婚活の最重要キーワードは「ポジティブ」です。

 

「つねにポジティブであること」、これにつきます。無理やりにでも自分のことを好きになりましょう。

 

自分に自信を持つポイント@ まずは現実を受け容れる

これまでずっと非モテ期を歩んできたアナタが、すんなりと結婚まで辿り着けると考えるのは虫が良すぎますよね。変わらなければ、何も変えられません。でも、努力で人はいくらでも変われる。断言できます。楽天的なまでにポジティブでいてください。

 

自分に自信を持つポイントA 周りの既婚者をあらためて見てみる

周りにいる「既に結婚している人」を、あらためて見渡してみましょう。まあ、なんだ。こう言ってはなんですが…特にイケメンでもなく、むしろ性格に難有りな夕イプまでいる始末。あれ?だったらアナタだって、間違いなく結婚できると思えてきませんか?

 

自分に自信を持つポイントB ネガティブな男はブサメン

最もモテない男って、どんなんだと思いますか? ブサメン? 全く違います。正解は「ネガティブな男」なんですよ。特に婚活は、生涯をずっと一緒に生きる相手を探すための活動なわけです。悲観的な思考をもった男と暮らしたい、なんて思う女性がいるわけはないのです。

 

自分に自信を持つポイントC 些細な魅力で十分

もしかするとアナタは、「自分に魅力なんて…」と思っているかもしれません。でも、考えてみてください。アナタは今まで、真面目に生きてきたじゃないですか。それだけでも、アナタには十分に魅力があります。些細なことでいいんです。

 

自分に自信を持つポイントD 思い込んだが勝ち

ドラえもんの「オモイコミン」つて道具、知ってますか? 人生、思い込んだ者勝ちですよね。ネガティブな言葉だって、大抵はポジティブな言葉へ変換できちゃいますし。「貧乏」だって「日々懸命に生きている」って変換できるんです。

 

 

 

「譲れない条件」をハッキリさせておく

 

 

車を買う時に、デザインや性能、燃費などを気にしない人はいないと思います。家を買う時に、立地や間取りを気にしない人もいないはずです。

 

ならば、婚活でも「どんな女性と、どんな結婚生活を送って……」という希望をイメージしておくに」越したことはありません。ここでちょっとだけ真剣に考えてみましょう。

 

譲れない条件@ 美人?orかわいい?

可愛い人・綺麗な人と結婚したい、その気持はよくわかります。ただ、結婚の目的は、「今後、20年30年単位で、共に幸せな人生を歩む」ことです。顔よりも大切なこと、山ほどあると思いませんか?

 

譲れない条件A スタイルがいい?

少しだらしない体型の女生と知り合うこともあるでしょう。その女性、たしかに映画女優には向いてないかもしれません。でも、人生の伴侶としては最高の人かもしれません。そんな視点で女性と接するようになれば、きっと何か新しい発見があります。くどくて恐縮ですが、本当に見た目は大した問題ではありません。

 

譲れない条件B 若い?

「男が年上」という組み合わせは普通です。でもだからと言って、40代のアナタが20代の女性を求めるのは…無理とは言いませんが、限りなく高いハードルでしょう。「5才下〜5才上」、この辺りが無難なゾーンだと思ってください。

 

譲れない条件C 金持ち?

不景気ですからね。もはや「男だけが稼ぐ」という時代ではありません。つまり、相手の女性が金持ちであるに越したことはない、わかりますよ。ですが、人生は自分で切り拓くもの! あなたが稼げばいいじゃないですか。

 

譲れない条件D 価値観が同じ

経験則で言わせていただきますが、「男と女」で無くなってくるにつれ、価値観共有の有無がものすご〜く重要になってきます。そして、これを確認するにはとにかく「色んなことを話す」しかありません。コミュニケーションって、全ての基本なんですね。

 

婚活がうまくいく準備ができたら、次は出会いを探しましょう!結婚に一番近い出会いの探し方はこちらから >>

 

 

貯金をする

 

 

貯金をするということは、結婚式の費用とか、結婚後の新生活に備えてという話だけではありません。婚活そのものに結構なお金がかかるんです。

 

服はスーツ、カジュアルともに3パターンくらいは新調しておきたいところです。

 

そして飲み食いは基本的にあなたが払うのが普通でしょう。とにかく婚活にはお金がかかるのです。

 

貯金を始めなければならない理由@ 外見のための費用

服、カバン、時計、財布、どれもボロボロになってきてるんで、この際、新しいのを揃えましょうか。あと、ジムに行って少しでもスマートになっておきたいし。美容院にも行っておこうか…いったい、いくらかかるんでしょうか?人生をかけた自己投資です。ケチれるわけがありません!

 

貯金を始めなければならない理由A デートのための費用

「基本、男がおごる」というシステムに対して、異議を唱える男は多いです。しかし残念ながら、このサイトをご覧になっている世代におけるスタンダードは「基本、男がおごる」です。全く一切払おうとしない女性は結婚相手としてどうかと思いますが、それでも完全割り勘はありえないと思います。

 

貯金を始めなければならない理由B 結婚式のための費用

結婚式や披露宴のための費用は、ご祝儀である程度は回収できるものですが、結婚式を挙げるあなたが無一文で行えるようなものではありません。そして、男が思い描きがちである質素で地味な結婚式で済むとは限りません。結婚相手は女性です。地味婚を期待しない方がいいでしょう。

 

貯金を始めなければならない理由C 新生活のための費用

結婚したら新居が必要になります。一人暮らしの時よりも広い部屋を借りることになり、経済的な負担も大きくなるでしょう。もしくは、ローン組んで家を買うこともあるかもしれません。その他、諸々の生活用品も…一体、いくらあったら足りるんでしょうか?

 

貯金を始めなければならない理由D そもそも貯金無しはムリ!

婚活にはどれだけお金が必要なのか、なんとなくイメージできたでしょうか? でも、そういうこと抜きにしても、大人の男として「貯金ゼロ」というのは論外でしょう。さあ、今からでも全く遅くはありません。今からムダ使いは止めて、貯金に励みましょう!

 

 

 

知性と肉体の強化

 

 

「こうすれば絶対に結婚できる!」という必勝パターンは存在しません。だから大事なのは「結婚できる可能性を少しでもアップさせる」 これが大事なことです。

 

そして言うまでもなく、知性を感じられない男よりは、知性を感じられる男の方が可能性は高いですし、だらしない体型の男よりも引き締まった体の男性の方が魅力的で結婚の可能性が高いのです。

 

知性と肉体を強化するために@ 本、雑誌、新聞を読む

政治ネタも経済ネタもスポーツネタも、ゴシップもエンタテイメントも。とにかく、「広く浅く」を徹底追及してください。一夜漬けではなく、日頃の積み重ねが大事です。その上で、いくつかの「これは深く話せる」というネタを作っておくことが大事です。ネットニュースは記憶に残りません。めんどくさくても紙媒体を!

 

知性と肉体を強化するためにA 映画を観に行く

「アナと雪の女王」のように男女共に話題になった映画などはネタにしやすいので、見ておいて損はありません。そして、「DVDで済ます」のではなく映画館に行きましょう。映画館の込み具合や予告編の内容だって、立派な会話ネタの一つです。

 

知性と肉体を強化するためにB 食べ歩きをする

これ、特に重要です。一般的に女性は「食べ物のネタやお店のネタ」を好む傾向にあります。また、女性を連れて行くお店は「行ったことがあるお店」にすべきなのです。日頃から、友人知人と色んなところに食に行く習慣をつけておいてください。

 

知性と肉体を強化するためにC 運動をする

中年になると基礎代謝が落ちて、太りやすくなります。これを避けることは不可能ですが、軽減することは可能。そう、運動です。一つ前の駅で降りて歩く、エレベーターは使わないで階段で移動する。そんなちょっとした積み重ねが、あなたの体型をキレイに維持してくれるのです。

 

知性と肉体を強化するためにD 勝負服を準備しておく

スーツ、カジュアルともに「この服を着ている俺が一番イケてると思う」と思える勝負服を数パターン、今のうちに押さえておきましょう。そして買う際は必ず、女性の店員に相談してみること。女性と一対一で話すことになるので、いい会話の修行にもなります。

 

婚活がうまくいく準備ができたら、次は出会いを探しましょう!結婚に一番近い出会いの探し方はこちらから >>

 

 

メールとLINEに備えておく

 

 

日常の連絡はメールかLINEで。これが今現在の日本の主流です。

 

このサイトをご覧の年代の方は、「メアドはともかくとして、いい年して”LINEのID教えて!”なんて言ってもいいのか?恥ずかしくないか?」と感じるかもしれません。

 

私も少しはそう思いますが、その時のために対策は立てておきましょう。

 

メールとLINE対策@ 恥ずかしいメールアドレスは捨てる

あなたのメールアドレス、まさかとは思いますが「聖闘土星矢のキャラ名」とかになってないですよね? あるいは、好きだった女性の名前の一部とか。恥すかしいアドレスは、若者よりもむしろ「それなりに年くった男」に多いそうです。今すぐ、普通のアドレスに変えてください。

 

メールとLINE対策A 長文も短文もNG!

長文を書いてしまえば「重い男」に見られてしまうし、短文だと「素っ気ない男」に見られてしまいます。どうせいっちゅーの?という話ですが、女性がそう感じるのだから仕方ありません。最初は「ちょい短文ぎみ」で様子を見る。あとは女性からの返信で見極めることがポイントです。

 

メールとLINE対策B LINEはある程度仲良くなってから

ラブラブお付き合い中の彼女、との連絡手段としては、LINEは現在の最強ツールだと思います。しかし、初期の段階、つまり「まだラブラブの状態ではない」という時のLINEでのやり取りは、既読表示機能がうざすぎてストレスになってしまうだけです。女性が求めてこないかぎりは、LINEでのやり取りはオススメできません。

 

メールとLINE対策C LINEスタンプに慣れておく

とは言え、LINEの便利さはあなどれません。「(笑)」とか「(ノヘゴヽ:)」がキモいと言われてしまう昨今、「微妙な感情表現ができねえじゃねえか(怒)」と憤りの方も多いでしょう。そんな方に最適なのがLINEのスタンプ機能。コミュニケーションの幅が格段に広がります。

 

メールとLINE対策D 女性の返信の遅さには我慢する

メールにしろLINEにしろ、男は「即レス」を求めがち。だってそりゃあ、自分に好意を抱いてくれているのなら「すぐに返信しよう」と思うのが当たり前ですよね?しかし、女性はこの感覚が希薄です。このことは、絶対に覚えておきましょう。

 

 

 

Facebookとツイッターに備えておく

 

 

FBで犯罪自慢をする。ツイッターで「こんな無茶しちゃいました〜」みたいなことをつぶやく。さすがにそこまでどうしようもない方はこのサイトをご覧の人の中にはいないでしょう。

 

しかし、「微妙にイタイ。イタイ自覚がない」人はいるかもしれません。そしてそのイタさが婚活において致命傷になるかもしれないのです。

 

Facebookとツイッター対策@ フルネームで検索されますよ

「この人とお付き合いするかも」と思ったら、まずはGoogleで漢字&ローマ字フルネーム検索を! これ、現代の基本です。FBが世に広まってからは、まあ検索に引っかかるわ引っかかるわ。人々は、「これ書くと後でヤバいことになるかも」というネガティブな想像を一切しないのでしょうか?FBアカウントを持っていたら必ず見つかります。イタい投稿はしないでください。

 

Facebookとツイッター対策A いい年して恥ずかしい投稿はやめるべし

昨日はみんなで飲み会!今日は、そのまま海へ行ってBBQ!充実した毎日を送っているリア充な俺ってば最高!この手のFBは、できれば20代半ばくらいで卒業しておきましょう。「仲良し軍団」以外の人がそれを見ると単に痛いだけです。ましてや、いい年した大人がやると……。

 

Facebookとツイッター対策B 年相応の言葉使いで

昨日は●●さん主催のパーティーにお呼ばれ!今日は最近話題の○○社の社長さんと食事!俺のハイツな人脈っですげえ!この手のFB、年齢制限は無いと思いますが、やっぱり少し痛い。好感を持たれる可能性は激低だと思った方がいいでしょう。

 

Facebookとツイッター対策C バカッターは絶対ダメ!

基本的に人は、評論好きの批評好き。でも、結婚相手として考えると「評論好きの批評好き」はかなり嫌ですよね。ツイッターでの不用意なつぶやきには細心の注意を払ってください。ましてや、バカッターなんぞをやらかしてしまった日には、即終了となります。

 

Facebookとツイッター対策D 前もって打ち明けておく

俺のFBはたしかに少し痛いかもしれない。でもこれは、俺の癒してあり聖域なんだ!つまり、続行するということですね? であれば、できるだけ初期の段階で相手の女性に見せてしまいましょう。裏で確認されるよりは笑いに持って行けるかもしれません。

 

婚活がうまくいく準備ができたら、次は出会いを探しましょう!結婚に一番近い出会いの探し方はこちらから >>

 

 

 

たしかに外見が全てというわけではないのですが、結婚を前提にするとは言え、相手を探す初期の段階では、外見はメチャメチャ重要な要素です。

 

外見が好みでないのならば、もう一度会いたい!と思われることはまずあり得ないでしょう。こうなると婚活どころの話ではなくなってしまいますよね。こればかりは厳しい現実なのです。

 

とは言っても、ご安心ください。イケメンになる必要なんかないのです。「雰囲気だけはイケメン」で十分なんです。それくらいなら、清潔感をだしたり、ちょっとファッション対策をすれば十分実現可能な範囲になります。

 

ここでは、アナタの外見レベルを「好感を持たれる」ゾーンに持って行くための対策について、真剣に対策を練っていきたいと思います。

 

 

女性はあなたのここを見ている

 

 

結婚を前提としたお付き合いにー猖大切なのは内面です!というのは建前で、まずは「外見」で好感を持たれなければ、内面をアピールする機会は一生訪れません。

 

とは言っても、イケメンである必要はないのです。「好感」は絶対に、努力をすれば勝ち取れます。それだけは忘れないでいてください。

 

女性が見ているポイント@ 顔を見ている

女性は最初に、あなたの顔をチェックします。特に「目」を見るのです。しかしそれは、「目が二重かどうか」とか「目がパッチリしているか」ということのチェックではありません。こちらの目をまっすぐに見て、嬉しそうな表情で話してくれているのかどうか。そんな印象が、アナタの「目」で判断されているのです。

 

女性が見ているポイントA 服装を見ている

「いい感じの笑顔」が接することができたとしても、きている服装によって全てが台無しになることもあるのです。流行を追いかけてはいけません。お洒落だと思われる必要はありません。シンプルで清潔感のある服装、それだけで最低限の合格ラインはクリアできるのです。

 

女性が見ているポイントB 体型を見ている

35才を過ぎれば、努力をせすに体の「スリムライン」をキープすることは不可能です。服の上からでも、腹回りの肉や二の腕のたみはハッキリとわかるものです。

 

女性が見ているポイントC 清潔感を見ている

襟元の汚れは?爪はちゃんと切つている?髪は?目やには?鼻毛は?女性の「清潔感センサー」は、男のそれの3倍性能だと思ってください。取りこばしは致命傷となります。

 

女性が見ているポイントD 挙動を見ている

場慣れしていない人にとっての最大の難関が、実はこの「挙動」です。碗を組まない!体を揺らさない!足を組まない!足を広げない!

 

婚活がうまくいく準備ができたら、次は出会いを探しましょう!結婚に一番近い出会いの探し方はこちらから >>

 

 

顔の対策をする

 

 

「人は見た目が9割」という言葉を最近ではよく聞きますが、もっと突っ込んで言いますと「見た目の9割は顔」です(たぶん)。

 

結婚を前提としたお付き合いの場合、内面は重要です。内面こそが大重要です。ですが、「まずは顔から」てあることもまた事実。やれることは、全てやっておきましょう。

 

顔の対策@ 「髪型」に気をつける

このサイトのメイン読者層であろう「ミドサーとかアラフォー男子」がやりがちなミス、それは「若づくり」です。髪型による過度の若づくりは、痛いと思われるだけかもしれません。もちろん、さりげない若づぐりは好印象ですが、重要なのはやはり「清潔感」です。

 

顔の対策A 「目と鼻の周辺」に気をつける

整形しろ、ということではありません。目やにや充血は大丈夫ですか?毛穴が黒ずんでたり、鼻先がテカツてたり。もちろん、鼻毛なんて論外。この程度のケアでも、やるのとやらないのでは大違いだと思ってください。

 

顔の対策B 「口元」に気をつける

「歯」の重要性は、後ほどご説明します。唇の荒れ具合もケアすべきポイントでしょう。でもそれ以上に「口角による表情」、実はこれが凄く大事なんです。理想は、「口角が少しだけ上がっている→柔らかな微笑み」を常時キープすること。結構キツイですこれ。練習しておきましょう。

 

顔の対策C 「輪郭」を引き締める

若者と中高年の境界線、この基準の一つが「顔の輪郭がシャープかどうか」です。35才を過ぎたあたりから、体重を落としただけでは輪郭は引き締まらなくなります。すぐにググってください。鍛錬法は沢山みつかります。

 

顔の対策D 「笑顔」が大切

色々と細かいことを言ってきましたが、つまるところ「笑顔を見せる!これ以上の武器はありません。女性がずっと笑顔でいてくれたら、あなただってスゴく嬉しいでしょう?

 

 

 

「スタイル」をよくする

 

 

前項にて「見た目の9割は顔」と申し上げましたが、すいません訂正します。正しくは「体」もかなり大事です。特に、中年になってくると」です。

 

若い時って、皆さん普通にスリムでしたよね? でも、これからは違います。日頃の鍛錬が物を言う要素ですから、今すぐに対策を始めましょう。

 

スタイルの対策@ 「緩んでる感」に気をつける

あなたは30代でしょうか? それとも40代? どちらにせよ、あなたが最も恐れるべきこと、それは「なんか緩んでる感」です。太っているわけではないんですよ。でもなんかこう…緊張感がないシルエットとでも言いましょうか。

 

スタイルの対策A 「腹と脇腹」に気をつける

「縦にぽっこり出た腹」は、気合い次第では「寝るとき以外は常にへこませておく」ことが可能です。しかし、脇腹の膨らみだけは、そうはいかない。中高年特有の現象だけに、厳しいです。脇腹は、普通の腹筋運動では締まらないのです。

 

スタイルの対策B 「二の腕」に気をつける

「華奢な美少年路線」が支持されるのは中学、高校、百歩譲っても大学まで。大人の男には、ある程度のたくましさが求められます。そして、「太い二の腕」を支持する女性は意外と多いようです。;細マッチョ程度の太さでOKです。

 

スタイルの対策C 「胸板」に気をつける

二の腕と比肩する「女性が意外と重視するポイント」、それが胸板です。腕立て伏せで鍛えられるのは、腕よりもむしろ胸筋だと知ってましたか? すぐに「20回×3セット」から始めてください。

 

スタイルの対策D 「全体」をカバーする

「日焼けしていると引き締まって見える」、これは真理です。日焼けサロンに行って、顔だけでもうっすら焼いておくと、かなり印象が変わるでしょう。あるいは、「セルフタンニングローション」もオススメ。 Amazonで買えば、恥ずかしくないですよね?

 

婚活がうまくいく準備ができたら、次は出会いを探しましょう!結婚に一番近い出会いの探し方はこちらから >>

 

 

「清潔感」の対策をする

 

 

女性はよく「清潔感が大事」と言いますが、男からしてみれば漠然とし過ぎていてさっばりわかりません。

 

具体的には、何がどう[清潔感]なのでしょうか? ここでは、女性が最重視するという「清潔感」について真剣に考えてみたいと思います。

 

清潔感の対策@ 何をどうすればいいのか

髪の毛(寝癖、脂、ほこり)、顔のアブラ、服のシワ、爪、姿勢、歯の汚れ、腕毛、体臭、このように、チェックポイントを挙げると、きりがありません。一つ言えるのは、「総合的に判断される」ということです。神経質になるくらいでちょうどいいと思います。

 

清潔感の対策A 「爪」は重要

飲食店では、手をテーブルの上に乗せておくのが定石。その際、必ずチェックされることになるのが「爪」です。伸びて長くなっている、黒ずんで汚く見える、その爪を見られた時点であなたの清潔感は全否定されると思っても間違いないでしょう。

 

清潔感の対策B 「歯」も重要

自分では気づかないと思いますが、歯は知らぬ間に汚れているものなのです。そして、女性とのコミュニケーションの際には笑顔が大事になります。つまり、絶えず歯を見せ続けることになるわけですね。歯垢は大丈夫ですか?歯は黄ばんでないですか?

 

清潔感の対策C 「無精ひげ」は上級者のみOK

無精髭を格好よく決めている男性モデルを見て、「自分も」と思うかもしれません。ですがあれは「モデル」だから。単なる「汚い中年」になるリスクが高すぎるので、あなたは止めておきましょう。

 

清潔感の対策D 多少不潔感があっても「フォロー」できるかも?

「ミラーニューロン」という神経細胞があるのですが、霊長類は、他者の感情一状況を、さも自身の出来事のように感じる仕組みがあると言われています。つまり、自分が笑顔で楽しくしていれば、相手もつられて楽しくなり、多少の不潔感はフォローできる!かもしれません。

 

 

 

「頭髪」と「体毛」の対策をする

 

 

「頭髪」とは、何も髪型だけの話ではありません。そして「体毛」、これについて真剣に対策を打っている男は意外と少ないでしょう。

 

でも、どちらも女性が重視している要素だけに、おろそかにすることは許されないと思ってください。

 

「頭髪」と「体毛」の対策@ 髪型

お洒落な髪型である必要はありません。ましてや、下手な若作りは逆に印象を下げかねません。要は、清潔感があり似合っていればいいのです。:恥ずかしいかもしれないが、芙容師さんにおまかせするのが一番無難で確実です。

 

「頭髪」と「体毛」の対策A 薄毛

隠したい気持ちはわかります。ですが、女性の大半は「隠しても見え見えだし、逆にみっともない。隠さす、堂々とふるまってほしい」と思っているようです。生涯のパートナーを見つけるための婚活ですから、ありのままの自分を受け入れてくれる女性を探してください。

 

「頭髪」と「体毛」の対策B 眉毛

意外ですが、「整え過ぎた眉毛は、逆にみっともない」と思う女性が大半のようです。そして問題は、「整え過ぎかどうかの線引き」があいまいだということ。髪犁jと同じく、美容師さん等のプロに相談した方が良いでしょう。

 

「頭髪」と「体毛」の対策C 鼻毛

鼻毛が飛び出ているなんてのは論外。これ、言うまでもないですよね。しかし、疎かにしている男は意外に多い。鼻毛が伸びる速度をあなどってはいけません。3日に一度はチェックする習慣をつけましょう。

 

「頭髪」と「体毛」の対策D 鼻毛

最近、電車に乗っているとよく思うのですが、肘から先の手毛がポーポーな男、意外と多いです。脱毛しろ!とまでは言いませんが…女性でこれを好む人はほとんどいない、ということは覚えておいてください。

 

婚活がうまくいく準備ができたら、次は出会いを探しましょう!結婚に一番近い出会いの探し方はこちらから >>

 

 

「におい」の対策をする

 

 

体臭・口臭は、自分が思っている以上に周囲を不快にします。ましてやそれが、女性を相手にするならなおさら。そしてやっかいなことに、自分では気付かないケースが大半なのです。

 

普段から、神経質なまでにケアしておいてください。絶対ですよ。

 

「におい」の対策@ 口臭

「誰にも指摘されたことがないから大丈夫」なんて思わないでください。他人の口臭なんて、なかなか指摘できません。30代、40代と年を重ねるごとに口臭は酷くなります。。まずはそれを自覚しなくてはなりません。

 

「におい」の対策A 汗のにおい

汗の匂いも、自分ではそうそう気づけません。汗対策の方法は色々とありますが、最強なのは「なるべく汗をかかないように行動する」、これだったりします。シャツははマメに洗濯。とにかく洗濯。汗をかくシーズンは一度は買い替える方がいいと思います。

 

「におい」の対策B 脇のにおい

口臭や汗以上に、他人からは指摘されないであろうもの、しかし破壊力は最強なのがこの腋臭です。厳しいことを言うようですが、医師に相談することも視野に入れましょう。とにかく、婚活前に克服するしかありません。

 

「におい」の対策C 人の対策を参考にする

ごく一部のケースを除いて、「におい」問題は努力で克服できます。「体臭対策」や「口臭対策」など、ググれば山ほど出てくる先人たちの教え。ありかたく享受してください。

 

「におい」の対策D 汗腺を鍛える

普段、汗をかかない生活を送っている人ほど、出る汗は臭くなります。とりあえず、長風呂の習慣をつけましょう。汗腺が鍛えられ、汗が臭くなくなると言われています。もっといい方法は運動することです。

 

 

 

「スーツファッション」の対策をする

 

 

「スーツを着ている男性って、かっこよく見えるよね」、こう話す女性はかなり多いです。だから、少なくとも「はじめて二人きりで会う」ときにはスーツを着ていくべき…なんですが、定番だけに落とし穴も多いのです。

 

無対策でOKなほど、「スーツファッション」は甘くはありません。

 

「スーツファッション」の対策@ 悩んだらスーツで

「スーツファッションは七難隠す」という諺もあるくらいです(無いかもしれませんが)。これは、男がナース服を好む心境と同じですね(だと思います)。但し、鉄板だからこそ外すと致命的になるのです。

 

「スーツファッション」の対策A 選んではいけないタイプのスーツ

「値段」は関係ありません。最近では、格安量販店のスーツも、驚くほど高品質になってきてますからね。ケアすべきは「時代遅れな型」かどうか。今の主流は「肩パットが薄くなっていて、腰が絞られているスリムシルエットタイプ」ですが、このタイプでも、いつかは時代遅れになるのでしょうね。

 

「スーツファッション」の対策B ネクタイはするべき?

ネクタイの有無は、どちらでもかまいません。ただ、ネクタイ無しの場合「肩パット厚めの古い型のジャケットだと、ぶわっと横広がり感が強くなる」みたいな要素が絡んできます。悩んだときには婚活用に店員さんに聞きながら新しいスーツを買った方がいいでしょう。

 

「スーツファッション」の対策C 実はシャツが重要

ジャケット以上に重要なのがシャツ。特に、ネクタイ無しで行く場合、「第一ボタンを外した際、胸元がどの程度開くのか」がシャツ毎に異なるため、自分の好みに合ったシャツを探す必要が出てきます。サイズも重要です。少なくともあと数年は、「大きめサイズ」は避けた方が無難です。

 

「スーツファッション」の対策D 袖丈、裾竹、靴下

長過ぎる袖、短すぎる裾、真っ白な靴下…これらすべてが、スグに気付かれてしまい、そして、致命的なNG項目なのです。お洒落である必要はないと思いますが、これらのことにも無頓着は許されません。

 

婚活がうまくいく準備ができたら、次は出会いを探しましょう!結婚に一番近い出会いの探し方はこちらから >>

 

 

「カジュアルファッション」の対策をする

 

 

とりあえず七難隠してくれるスーツと比べて難易度激高なのが、このカジュアルファッションです。

 

女性はお洒落さを求めているのか、それとも年齢を考えれば「シンプルさ」に徹した方が良いのでしょうか?年を取れば取るほど、やっかいな問題です。

 

「カジュアルファッション」の対策@ カジュアルは難しい

平日、仕事後のデートばかりというのはありえません。そしてスーツが似合うあなたほど、カジュアルでの落差が女性をがっかりさせてしまうでしょう。無難に、というのがまた難しいものなのです。

 

「カジュアルファッション」の対策A 服はケチらない

今持っている服で済まそうとしないでください。全ての服を、新しく換えるぐらいの気持ちで行きましょう。人生をかけた勝負であることを忘れずに!2年以上経った服は買い替えましょう。夏のシャツ類は1シーズンすらもたないものです。

 

「カジュアルファッション」の対策B 服を買う時は店員さんに相談する

お店で買う時に大切なのは、「自分が着たい服」を買うのではなく、「他人から見られた時に無難な服」を選ぶこと。自信がなければ、店員さんに相談してみるのがベストです(恥ずかしがっていてはダメです)。

 

「カジュアルファッション」の対策C 絶対に女性店員さんに相談する

買う服の相談は、女性の店員さんにしてください。女性の感覚は女性に聞くのが一番です。プロに任せましょう。「女性と話す」練習にもなるので一石二鳥です。

 

「カジュアルファッション」の対策D 「お洒落」ではなく「無難」を目指す

「お洒落に見えないと気に入ってもらえない」という気負い。気持ちはよく分かりますが、そもそもそう考える時点で、あなたは「お洒落」ではありません。ネガティブな戦略かもしれませんが、「無難」を目指してください。

 

 

 

「カバン」と「眼鏡」の対策をする

 

 

セカンドバッグはダメ、リュックも論外。仕事帰りならともかく、男のカバンにはかなりの制限が課せられていると言っていいでしょう。

 

眼鏡もそう。良い意味で「眼鏡男子」と呼ばれるには、どんな条件をクリアすればいいのでしょうか?

 

「カバン」と「眼鏡」の対策@ これは絶対ダメ!

リュックサックとセカンドバッグは、あなたが考える以上に女性ウケが悪いようです。デザインに関係なく、絶対にNGだと思ってください。ボディバッグはお洒落…だが、それでも止めておいたほうがいいでしょう。

 

「カバン」と「眼鏡」の対策A 手ぶらはOK?

カバンを使わす手ぶらで行動する人、結構見かけます。冬場の服装ならポケットが多いので、携帯・財布・ハンカチくらいなら問題なし。それも有りでしょう。しかし、ズボンのポケットがモコモコと膨らんでいるのは、非常にみっともないので注意しましょう。

 

「カバン」と「眼鏡」の対策B カバンを持つよりむしろ手ぶらで

「有り」というか、むしろ手ぶらで行くのが正解のようです。冬はともかく、夏場の「シャツ一枚での手ぶら」は非常に手持ちぶさたで、個人的には好きにはなれないのですが…。当たりはずれの多いカバンにチャレンジするよりも手ぶらで行ったほうが無難でしょう。

 

「カバン」と「眼鏡」の対策C 「眼鏡」はOK?NG?

「眼鏡がどうしてもダメ」という女性も、「眼鏡じゃないとダメ」という女性も、そう多くありません。つまり、どちらもでいいということです。好きな方を選んでください。

 

「カバン」と「眼鏡」の対策D 眼鏡の選び方

気を付けて欲しいのは、「眼鏡にも流行りの型がある」ということ。眼鏡男子路線を選ぶなら、新しい眼鏡を買いに行きましょう。眼鏡を選ぶときは店員さんに相談すること。なるべく女性店員に聞いてください。会話の修行にもなります!

 

婚活がうまくいく準備ができたら、次は出会いを探しましょう!結婚に一番近い出会いの探し方はこちらから >>

 

 

「腕時計」と「財布」の対策をする

 

 

時間はスマホで見るから腕時計はしない、という男が増えてきている昨今、本当にそれでいいのでしょうか?

 

バブルの頃と同様、腕時計と財布は高級志向で行くべきなのでしょうか? 第一印象に関わってくる問題なだけに、慎重に考えてみましょう。

 

「腕時計」と「財布」の対策@ 成金時計は避ける

ブランド志向の女性は根強く存在します。しかし、「今どきロレックス?バブル親父?」という価値観の女|生がいることも事実。つまり、どちらで行こうが正解は無いということです。但し、いかにも成金デザインの高級腕時計は避けた方が良いでしょう。

 

「腕時計」と「財布」の対策A 腕時計はするべき

とは言え、時間を確認する際に、いちいちスマホを見るのは印象が悪いです。だからここでは、「腕時計はするべき」というスタンスを推奨します。高級or人気ブランドである必要はありませんが、若者向けすぎるものは避けた方がいいと思います。

 

「腕時計」と「財布」の対策B 腕時計を見るときは注意が必要

女性の目の前で時間を気にするのは、あまり良い印象ではありません。さりげなく確認できるように練習しておきましょう。時間を確認したければトイレに行く、くらいの気構えも有りです。

 

「腕時計」と「財布」の対策C まさかマジックテープの財布は使っていませんよね?

ナイロン製の、いわゆる「ベリベリバリバリ」タイプの財布は、大人の男にはあり得ません。使い古されたよれよれ財布も論外です。そのような財布を使っているのであれば、今すぐ新しい財布を買いにいきましょう。

 

「腕時計」と「財布」の対策D 財布の中身にも注意する

カードやレシート類でパンパンに膨れた財布。女性に対して生活感をアピールしたところで、婚活上のメリットはありません。1円玉や5円玉で溢れている小銭スペースも危険です。女性は、意外なところを見ているものです。

 

 

 

 

万人に通用する会話のテクニックは存在しない!

 

身も蓋もない結論ですが、トークに限ってはこれが真実です。アナタの外見タイプ、声質、話し方、そして相手の女性のタイプによって、有効なトークは全く異なりますからね。

 

とは言え、基本ルールはあります。「これはダメ」「これは良い」という、最低ラインをクリアするための基礎知識。この基本ルールを知っていれば、ルールを知らないで会話に望むよりも好感を持たれる確率はずっと高くなるでしょう。

 

ここでは、女性と一対一で話す時の基本ルール、特に「結婚を視野に入れての会話」についてのテクニックと注意点を真面目に考えてみたいと思います。

 

 

女性は「トーク」している間、男のここを見ている

 

 

「外見」の次は「内面」、と言うと二番手扱いに聞こえるかもしれませんが、言うまでもなく結婚相手に対して最も重視すべきなのは「内面」です。これは間違いありません。

 

そして、あなたの内面を短い時間で、相手の女性に伝えられるかどうかは、あなたの「トーク」にかかっています。

 

女性と話すときのポイント@ 自分1人だけベラベラしゃべらない

「たくさん話すことができて、今日は最高に盛り上がった!次回が楽しみだ!」…それって、相手はどう感じていると思いますか? あなたが一方的にしゃべくってただけなのでは? 実はこれ、婚活で男性がやりがちな絶対NGパターンの一つです。残念ながら、満足したのはあなただけ、なのかもしれません。

 

女性と話すときのポイントA 9割は聞き役に徹する

コミュニケーションの基本は「聞き上手になる」こと。これは婚活中の会話においても同じことが言えます。自分だけが楽しく喋るのではなくて、相手に楽しく気持ちよく喋ってもらう。9割は大げさかもしれませんが、それぐらいの気持ちで臨みましょう。最低でも、聞く7対話す3くらいの気持ちで。

 

女性と話すときのポイントB とにかく共感する

聞き上手になる、それはつまり「共感する」ということです。相づちを打ったり、うなずいたりして、相手に気持よく楽しく喋ってもらう。そして、「ホントそうですよね」「よくわかります。」という感じで、共感している気持ちを言葉を使って伝えるのです。これで、女性の会話における満足度は格段に上がるのです。

 

女性と話すときのポイントC ハキハキしゃべる

「聞き役に回ることが基本」だとは言え、無言で頷いているだけではダメ。必ず、あなたにも「しゃべるターン」が回ってきます。その時には、相手の目を見て、そして終始笑顔で、ハキハキはっきりと話してくださいね。モゴモゴするのは論外です。

 

女性と話すときのポイントD 話をふくらませる

キャッチボールが成立してこその会話です。単発質問の繰り返しではダメですよ。「へえ、そうですか(終わり)→少し沈黙→頑張って次の質問」、この繰り返しでは何も得られません。

 

婚活がうまくいく準備ができたら、次は出会いを探しましょう!結婚に一番近い出会いの探し方はこちらから >>

 

 

女性が好きな話題

 

 

「聞き上手になれ」と言われても、女性の方からガンガン話し続けてくれるわけがありません。基本、話題を振るのは男の役目だと思ってください。

 

とは言え、盛り上がれば何でもOKというわけではありません。女性が好きそうな話題、言い換えれば、最低でも「女性に嫌われそうではない話題」を収集しておく必要があるということです。

 

女性との会話の内容について@ 「これは鉄板!」という話題はない

残念なお知らせなのですが、「これは必ず盛り上がる!」なんて鉄板の話題はないのです。実も蓋もない言い方をしますが、「人それぞれ」です。だから、ますあなたがすべきことは「相手の嗜好を探るためのトーク」、これだと思ってください。つまり、あなたから色々と質問をするのです。

 

女性との会話の内容についてA 相手が何が好きかを探る

相手の女性の趣味や休日の過ごし方などを聞きつつ、相手の嗜好を探ります。その際、注意してほしいのは「〜ですか?〜ですか?」な質問攻めにならないことです。「僕は映画をよく観に行くんですよ。○○さんは映画を観るのは好きですか?」という感じで最初は自分について話すのが基本です。

 

女性との会話の内容についてB 映画の話がオススメ

映画の話は比較的、盛り上がりやすいネタの一つです。最低でも、最近の話題作やヒット作については「私も観ました」もしくは「観たかったんですけどまだ観てないんです」のどちらかの反応が返ってくるでしょう。どちらに転んだとしても、話を発展させやすいですよね。

 

女性との会話の内容についてC 食事の話もオススメ

食に興味がない女子はいません。「こんな美味しい物を食べた」「この前行ったお店が良かった」など、どれも外さないでしょう。つまり、普段から無理をしてでもさんな店に行っておけ1ということです。

 

女性との会話の内容についてD 普段から情報を集める

「食」もそうですが、要は「色んなものを見て、色んな所へ出かけて、色んな経験をする」、これをいかに普段から積み重ねておけるかとうかです。TVや雑誌、新聞だってネタの宝庫ですよ(女性が好まないマニアック系は除く)。今すぐに動きましょう!

 

 

 

会話中の視線

 

 

「目を見て話すのが礼儀だよな。いやいや、女の場合だと、じっと目を見られたらキモいと思うんじゃないか? そもそも俺、顔に自信がないから、女の目をじっと見つめながら話すのなんて不可能なんだけど…」などと、一人で考え込んでもらちがあきません。ならば、ここで一緒に考えてみましょう。

 

会話中の視線のポイント@ 目を見て話すのが基本?

「人と話す時は、相手の目を見て話しなさい」、両親や先生からそう教えられてきましたよね。ですが、これは実際には、女性からするとかなり不評な行為なのです。特に、初めて会った時にこれをやってしまうのは絶対NGです。覚えておいてください。

 

会話中の視線のポイントA 目を見ないで話せばいい?

じゃあ、目を見ないで話せばいいのか? それはそれで、あり得ません。単なる挙動不審者になってしまいます。それ以前に、相手の表情から空気を読むことができなくなってしまうわけですから、コミュニケーションが成り立たなくなってしまいますよね?

 

会話中の視線のポイントB 時々ネクタイの結び目あたりを見る?

男と男、のコミュニケーションにおいては有効だとされるこのやり方も、女性に対してやってしまうと…わかりますよね?ちら見ポイントが胸元周辺になってしまうので、立派な変態さん扱いをされてしまいかねません。つまり、使えない技なのです。

 

会話中の視線のポイントC 鼻のあたりを見る

女性と話す場合、視線をそらす際のちら見ポイントは「鼻の周辺」がいいそうです。しかし、鼻だけを見ていると「私の鼻ってなんか変?」といった感じで誤解される原因になります。つまり、「目以外の顔のパーツ」間で、時々視線移動させながら会話をするというのが正解なんです。

 

会話中の視線のポイントD 体の動きを取り入れて視線を移動させる

相手の視線がこちらを向いていると、自然な感じで目をそらすのが難しい場合もあります。そんな場合は、一緒に笑ったり、頷いてみたり、軽くツッコミを入れたりするタイミングを見計らって視線を外すのがいいと思います。すると自然とリアクションが増えていくので、話も盛り上がってくるものです。

 

婚活がうまくいく準備ができたら、次は出会いを探しましょう!結婚に一番近い出会いの探し方はこちらから >>

 

 

趣味の話について

 

 

「自分の趣味について話したり、相手の趣味の話を聞いたり」というのは、出会ったばかりの二人がお互いを知るための行為としては欠かせないでしょう。

 

そして、ここでのトークで過ちをおかしてしまい、「…そうなんてすか」と女性が引いてしまうというケ−スが後を絶たちません。それだけは避けたいところです。

 

趣味の話をする時のポイント@ マジな趣味の話でなくてもいい

私もそうですが、「趣味と言えるほどのものはない」という男は意外に多いでしょう。ですが、「無趣味」は「つまらない男」と同意だと思ってください。ハマッてるわけじゃないけど、やるとスゴク楽しいこと。その程度でも「趣味」であると言い切って構いません。

 

趣味の話をする時のポイントA オタク、引きこもり的な趣味は理解されない

オタク趣味とまでは行かすとも、「休日はゴロゴロして漫画読んだりゲームしたりDVD観てる」という男はもの凄く多いと思います。そしてこの行為は、間違いなく女性には理解されません。但し、「ゴロゴロしてDVD観て過ごす時もあるかな」くらいの案配で言うのならOK。メインではなく、サブにするのです。

 

趣味の話をする時のポイントB ギャンブル系は婚活ではNG!

パチンコも競馬も、度が過ぎなければ楽しい娯楽です。麻雀も男同士の友情を深めるには最適のツール(主観です)。でも、婚活においてはギャンブルを連想させるようなキーワードは絶対に使ってはいけません。間違いなく引かれます。

 

趣味の話をする時のポイントC 言い方を変えて伝える

例えば、DVD鑑賞なら「小規模上映も含めた映画館巡り」と言いかえると、なんかこだわりの趣味つぽいですよね。グーゼン好きなら、「甥っ子がUFOキャッチャーにはまってるんだけど、俺もはまっちゃってさー」みたいな感じで伝えます。言い方一つで、好感度は上がるのです。

 

趣味の話をする時のポイントD 趣味は熱く語らない

「趣味について話してみたら、思ったよりも反応がいいぞ? よし、それじゃあ、もっと盛り上げよう!」この罠にハマる男が後を絶ちません。女性の社交性は、男のそれの3倍性能。一方的な語り過ぎは、相手の反応に関係なく御法度だと思ってください。

 

 

 

休日の過ごし方について

 

 

前項では「趣味」について考えてみましたが、それとほとんど同じです。つまり、「女性には理解してもらえなさそうな過ごし方」をバカ正直に言うのは、NGだということになります。

 

仕事で疲れてるんだから、休日くらい自由に過ごしたいですよね。わかりますよ。でも、その理屈は通用しません。

 

休日の過ごし方を話す時のポイント@ ゴロゴロして過ごす

週5日、朝から晩まで本気で働いてるんです。その上、土日まで精力的に活動しろと言われても、そりゃあ無理な話ですよね。しかしこれ、前項でも言いましたが「たまーに」という設定にしてください。「たまにゴロゴロして過ごしちゃう時もあるんだけど、休日を無駄にしたなって後悔しちゃうんですよね」、このスタンスです。

 

休日の過ごし方を話す時のポイントA ゲームやDVD

え?そんなタイプに見えないよ?ゲームなんて全くやらなそうなのに、すっごく意外!この手のタイプが「引きこもり系の趣味」を明かすと、むしろイケメン度が上がります。嵐の二宮和也さんなんかが良い例ですよね。しかし、「この手のタイプ」ではないアナタは、やはり「たまーに」設定で行くしかありません。

 

休日の過ごし方を話す時のポイントB ジムで筋トレ

休日はジムに通って爽やかに汗を流している。こんな休日の過ごし方、傍目にも悪くなさそうに見えます。しかし、女性にはあまり評判が良くありません。「つまらない男」と評価されてしまう危険性があるのです。

 

休日の過ごし方を話す時のポイントC とりあえず相手の趣味を聞く

とりあえず、女性がインドア派なのかアウトドア派なのか、それだけでも先に探っておきましょう。例えば、女性がアウトドア派たった場合、インドア系の趣味は理解されづらいのが普通。じゃあ、嘘をついてでも「自分もアウトドア系の趣味に燃えている」とすべきなのでしょうか?

 

休日の過ごし方を話す時のポイントD 相手の趣味にも興味を示す

嘘をついて相手の趣味に合わせる必要はありません。むしろ、ダメ元で「インドア系の趣味に思いっきりハマってる。燃えている。」みたいな話を語るとともに「アウトドア系の趣味についても、よくわからないから教えて欲しい」と興味を示すのです。これ、意外とうまくいきます。

 

婚活がうまくいく準備ができたら、次は出会いを探しましょう!結婚に一番近い出会いの探し方はこちらから >>

 

 

仕事の話について

 

 

人生の大半を費やしている「仕事」、語りたくなるネタも多く、饒舌になってしまうと思います。楽しいことばかりではないので、愚痴りたくもなるでしょう。

 

でも、これは婚活であって、仲間との飲み会ではない。愚痴は言わない、ポジティブな話に徹する、これがルールだと思ってください。

 

仕事の話をする時のポイント@ 自慢しない

「ここ1ヶ月、平均睡眠時間3時間なんだよね」みたいな忙しさ自慢。「最近、億単位の商談が多くて大変なんだよ」みたいな、凄い仕事だろ自慢。気持ちはわかります。仕事をバリバリこなす男って、かっこいいですもんね。でも、女|生ウケはすこぶる悪いです。安つぽい人間に見らこれるから自慢話は絶対にNGです。

 

仕事の話をする時のポイントA 愚痴らない

忙しいことへの愚痴、上司やお客さんへの愚痴、つまりは「大変な仕事だけど頑張ってるんだ俺」アピールなんだと思いますが、これも女性ウケは滅茶滅茶悪いです。ましてや、知り合いたての女性に話して良い内容ではありません。愚痴りたいなら友人との飲み会で愚痴ってください。

 

仕事の話をする時のポイントB ポジティブに

忙しいんだけど楽しい、厳しい上司がいるけど尊敬もできる、失敗もあるけど、でもすごくやりがいがある。つまり、ポジティブにまとめるのです。そうすれば、仕事の話は「女性が聞きたいと思っている話題」の一つとなります。

 

仕事の話をする時のポイントC 将来は独立したい?

いずれ独立したい、起業したい、つまりは野望の話。実はこれ、婚活においては絶対にNGな話題の一つです。そりゃそうでしょう。将来の不安定さをアピールして、「結婚してもいい」と思ってもらえるわけがありません。

 

仕事の話をする時のポイントD 相手の仕事の話

女性に対して「どんな仕事をしてるのか?」を聞くのはOKですが、相手の反応を見て、引くか更に聞くかを見極めてください。女|住の場合、仕事に対する思いの個人差が大きいですからね。迂闊につっこんでしまうと、地雷を踏みかねません。

 

 

 

友達の話について

 

 

「友達にこんな面白い奴がいてね」「よく遊ぶ奴らは、高校の時からの付き合いなんだ」、この手のネタは話していても楽しいし、女性もきっと聞きたいはず…はい、一応その認識は問違っていません。

 

但し、「自分がもう、けっこうな年齢であること」を意識して話す必要があります。

 

友達の話についてのポイント@ 幼い男

友達がいること、それはとても素敵なことです。間違いありません。ただ、あなたがミドサー以上くらいだとすると、学生時代の感覚で友人との交流を語ってしまうのは問題があります。「仲間が大勢いて、毎週末は楽しくやってるよ!な俺」というのは、残念ながら女性から見ると、特に婚活中の女性から見ると、「悪い意味で幼い男」と写ってしまうようです。

 

友達の話についてのポイントA いつも遊んでるの?

「結局、本当に信頼できるのは学生時代からの悪友だちなんだよね。大事な仲間なんだ」 うん、なんかかっこいい話ですよね。男っぷりが上がります。ただ…「頻繁に遊んでるよ話」は避けておいた方が無難です。ここでも活きる「たまーに」という設定。いい年した男には、落ち着きが求められるのです。

 

友達の話についてのポイントB 同僚との話

同僚ですか?それとも仕事相手と? どちらにせよ、楽しく仕事をされてるんですね。羨ましいです。そして、ここでもやっぱり「たまーに」設定。「みんな、仕事が忙しいからね。集まれるのはせいぜい2ヶ月に1回だけど、大事な時間なんだ」という感じです。

 

友達の話についてのポイントC 落ち着くことが大事

つまりですね、学生のような価値観でのリア充アピールは、30代以上同士の婚活では悪印象になる可能性があるのです。いい年した男には、ましてや結婚を意識するのなら、「落ち着き」は最重要項目の一つだと思っておいてください。

 

友達の話についてのポイントD 親友の話

いっつもツルんでるんだよ一話がNGだということは、もうご理解いただけているでしょう。浮ついてはいけません。そうですね、例えば「高校の時からの親友が二人いるんだけど、みんな忙しいから。それでも半年に1,2回は会って酒飲んで、バカ話をするようにしてる」くらいの温度感でしょうか。

 

婚活がうまくいく準備ができたら、次は出会いを探しましょう!結婚に一番近い出会いの探し方はこちらから >>

 

 

お金の話について

 

 

男の価値は経済力で決まる!という話ではありません。

 

もっと現実的な問題として、自分の経済力&相手の経済力は結婚を考える上で大切な要素ですし、それ以上に「お互いの金銭感覚」については、事前にしっかり確認しておくことが必須です。

 

離婚原因の上位が「金銭感覚の違い」だって、知ってましたか?

 

お金の話をする時のポイント@ 自分の経済力について

特に婚活においては、年収が男の魅力を測る要素の筆頭であることは間違いありません。しかし、「聞かれないのであれば話さない方がいい話」ナンバーワンであることも間違いありません。高い年収自慢がNGなのはもちろん、低い年収に対して卑屈になることもNGです。もちろん、高年収は切り札になります。だからこそ、内緒にしておくべきです。

 

お金の話をする時のポイントA 相手の経済力について

こんなご時世です。全部養ってもらおうとまでは思っていないとは思いますが、稼ぎの多い人と結婚できたら、それに越したことはないですよね。しかし言うまでもなく、女性の経済力を探るような質問をしたら、好感を持たれる可能性はゼロだと思ってください。もちろん、ご両親の裕福度を探るのもダメです。

 

お金の話をする時のポイントB 自分の財テクについて

会社なんていつ潰れるかわからないですからね。本業以外のことでお金を稼ぐ手段を持っている男は魅力的だと思います。でも、これもですが、女性から聞かれない限りは話さない方がいいことなのです。「投資」というだけで毛嫌いする女性は多いものです。

 

お金の話をする時のポイントC 金銭感覚について

結婚を考えるなら、大切なのは経済力よりもまず先に金銭感覚です。ここが違っていると、結婚しても上手くやっていけません。旅行にかけている金、ファッションにかけている金、なんでもいいので相手の金銭感覚を探っておきましょう。

 

お金の話をする時のポイントD 子供の教育費について

子供の教育にかける金。これの感覚が違い過ぎて、夫婦仲が壊れるケ−スが多いそうです。例えば、「子供の教育には金を惜しまない知人夫婦」などの話をしてみてください。大いに共感していたら、それはつまり同じ主義だということになります。

 

 

 

過去の恋愛の話について

 

 

相手の「恋愛に対するスタンス」って、気になりますよね。どんな男が好みなのか、どのくらいの頻度で会いたいと思うのか、どんなデートが好きなのか、などなど。

 

それを探るには「過去の恋愛話」が一番なのですが、残念ながら初期の段階では歓迎されないようです。

 

過去の恋愛の話をする時のポイント@ 前の彼女の話

男の場合、「前カレの話」は大歓迎でしょう。ネタとして面白いですしね。ですが女性は、「大して好きでもない男の前カノなんて全く興味無し」と考えるケースが多いようです。あるいは、「自分以外の女性の話なんて一切聞きたく無い」という人すらいます。少なくとも、知り合ったばかりの段階では話さない方がいいでしょう。

 

過去の恋愛の話をする時のポイントA ずっと前の彼女の話

直近じゃなければ、純粋なネタとして聞いてもらえるだろう!そう考える男が多いようですが、そういう問題ではありません。なぜ、絶対NGだと考える女性がいるのか、本質をちゃんと理解しましょうね。純粋にネタとして楽しめるかどうか。男女の意識の差はかなり大きいものなのです。

 

過去の恋愛の話をする時のポイントB 前の彼女について聞かれたら

聞かれたからにはいいでしょう!と、性癖の話までも面白おかしくしてしまう。そんなアナタは、男友達としては最高なんですが、婚活対象としてはあり得ません。けなさず、でも誉めすぎず、もちろん生々しいジャンルについては触れず。概略だけを話してあげてください。

 

過去の恋愛の話をする時のポイントC 前カレの話

前カレの話は基本的にはNGですが、自分が聞かれた後に「きみは?」と聞き返すならOKです。ただし、最も気になるであろう「前カレの外見」「前カレの性癖」について聞くのがNGだということは、言うまでもありません。

 

過去の恋愛の話をする時のポイントD 過去の恋愛話を深いところまで突っ込まれたら

過去の恋愛話を深いところまで突っ込まれたら、それはおそらく、あなたは「婚活対象」ではなく「悪友対象」として見られています。残念ですが、その場を楽しみましょう。全力で応戦してあげてください。一応、「なんでも話せる恋人同士」という可能性も残されていますからね。たぶん。

 

婚活がうまくいく準備ができたら、次は出会いを探しましょう!結婚に一番近い出会いの探し方はこちらから >>

 

 

自分と相手の婚活の話について

 

 

「結婚なんて、普通に生きてれば勝手にできるもの」、その認識が誤りだったと気づいたからこそ、アナタは婚活を始めたわけですよね。

 

つまり、アナタが今、最も関心のあることは「婚活」であり、だからこそ情報交換がしたい。それが女性側の情報であれば、尚さら知りたい! 気持ちは痛い程わかります。

 

婚活の話をする時のポイント@ 「婚活パーティー」などの話

非常に興味深い話ですよね。普通の出会い系パーティーと同じなのか?第一印象カードとかカップル発表とかあるのか?そもそも、どんなレベルの人が参加してるのか? 興味は尽きません。でも、こういう話を披露された側は、間違いなく「自分は本音トーク友達認定ですか?」と感じてしまうでしょう。

 

婚活の話をする時のポイントA 「婚活サイトなどを利用している」などの話

婚活サイトなどを利用すれば、問違いなく何名かの異性と会うことになります。つまり、その話をすることは、「アナタ以外の異性とも会ってるんですよ」アピールをするのと同意。無益ですよね。さらに婚活サイトは何となく怪しい印象があります。あなたの印象を下げてしまうかもしれません。ちなみに、アナタも相手の女性も、どちらも利用していたとしましょう。それでもやっぱり、この手の情報交換はNGだと思ってください。

 

婚活の話をする時のポイントB 「街コンに参加した」などの話

街コンは、20代のナンパ野郎がうじゃうじゃいそうなイメージですからね。 30代40代以上のアナタが参加したというなら、相手の女性も興味津々でしょう。しかし、そんなアナタのアグレッシブさをアピールしても、メリットは何もありません。

 

婚活の話をする時のポイントC お見合いした話

今どき、この手のお見合いをする機会って中々無いですからね。これはもう、是が非でも経験談を聞いてみたい!と言いますか、この話は有りだと思います。「無理矢理にセッティングされた」「うまくいかなかった」という前提でですが。

 

婚活の話をする時のポイントD 盛り上がる婚活ネタ

自身の婚活を披露することは、間違いなく盛り上がるネタなんです。でも、話しちゃダメです。相手から聞かれたら話してもいいですが、そもそもそんなこと聞かれた時点で、それはそれで婚活対象から外されている可能性が高いと思ってください。

 

 

 

結婚に必ず絡んでくる話について

 

 

両親との同居、介護、転勤について、などなど。結婚を前提とするのであれば、どれも避けては通れない現実的な話ですよね。

 

ですが、こういった重い話を初期の段階で、してしまってもいいのでしょうか? いや、むしろ最初にすべき話なんじゃないのか? 非常に悩ましい問題です。

 

結婚に必ず絡んでくる話をする時のポイント@ 結婚を考えるのなら

あなたが長男なら、両親との同居は避けられないかもしれません。そろそろ、介護のことだって考える必要がありますよね。転職する予定がある? それだって、夫婦生活に大きく響いてくる問題でしょう。後になって「そんなの聞いてない」と揉めに揉めるケ−スは非常に増えているそうです。最悪、そのまま離婚してしまうこともあるといいます。

 

結婚に必ず絡んでくる話をする時のポイントA 同居、転職などの話はしておくべき?

答えはNO!です。小ズルい考え方で恐縮ですが、この手の話はお互いに情が移ってからにする方が「許容できる範囲」が広くなります。初期の段階だと、おそらく大半が「受け入れられない」となるでしょう。好きになってからなら、少しくらい太ってもハゲても好き!という理論と同じことです。

 

結婚に必ず絡んでくる話をする時のポイントB 「転勤」の話

比較的、深刻度は低い問題だと思います。ですが、「転勤が多いんだけど、ついてきてくれる?」みたいな、直接的な質問をいきなりぶつけるのはダメ。「転勤もある仕事をしてる」ということだけ、さりげなく伝えておいてください。

 

結婚に必ず絡んでくる話をする時のポイントC 「理想の家庭」についての話

専業主婦でいてほしい、子供は3人くらい欲しい、一軒家じゃなくマンション住まいがいい、などなど。どれも、他愛も無い話ですが、実はこれ、恋愛感情を持たれていない段階で話すのは大リスクな話題なんです。相手の理想とずれていると、問答無用で結婚対象から外されることもあります。

 

結婚に必ず絡んでくる話をする時のポイントD 「いまだに実家暮らし」についての話

はっきり言いましょう。 30過ぎた男が、いや百歩譲って、35過ぎた男が実家暮らしというのは、特別な事情が無い限りはかなり悪印象です。異論はあるでしょうが、これが世間一般の感覚だと思ってください。

 

婚活がうまくいく準備ができたら、次は出会いを探しましょう!結婚に一番近い出会いの探し方はこちらから >>

 

 

相手を誉めることについて

 

 

とにかく誉める。好感を持たれることを目的とした女性とのコミュニケーションには必須だといわれている行為ですが、果たして本当にそうなのでしょうか?

 

何でもかんでも誉めていたら、逆に気持ち悪がられないのでしょうか? 誉めるということをあまり安易に考えない方が良いようです。

 

相手を誉める時のポイント@ 容姿を誉めるときは

顔を誉めるのもスタイルを誉めるのも、実はNGだったりします。「何か芸能人の××に似てるねぇ!」みたいな感じで誉めるのもダメです。中には、普通に喜ぶ女性もいると思いますが、強い拒否反応をあらわにする女性もいます。ならば、止めておいた方が安全です。ミドサーを過ぎて、テンション高めに「芸能人の××に似ているねぇ!」なんて口にするのはそもそもかなり痛い男です。

 

相手を誉める時のポイントA ファッションを誉めるときは

服について誉めるのも、アクセサリーについて誉めるのも、やっぱりNGです。男の感覚からいえば、誉められればどんな人でも嬉しいと思いがちなのですが、それもダメなんだそうです。もしもあなたが、女性ファッションについてかなり詳しかったとしても、その知識を披女性の前で露するのはやめておきましょう。

 

相手を誉める時のポイントB 部分的に誉める

じゃあ、髪が綺麗だとか、ネイルが素敵だとか、そういう誉め方は?…それもやっぱり、止めておいた方がいいらしいです。どうせいっちゅーの?もう誉めねえからな絶対に! そう言いたくもなりますよね。

 

相手を誉める時のポイントC じゃ、誉めなきゃいいの?

いいえ、誉めないのは間違いです。知り合いたての状態で、外見的な要素から誉めるのは危険だという話なんてすね。本人にとっては触れて欲しくない部位だったり、下心を警戒されてしまったりと、リスクが大きすぎるのです。ちなみに、女性の職業や地位について誉めるのもNGです。

 

相手を誉める時のポイントD 正しい誉め方は?

最初に誉めるべきなのは、「性格(やさしいとか面白いとか)」あるいは「行動・しぐさ」です。ちょつとしたマナーや、大人の気遣いなどに対して誉めるのもいいでしょう。「人としての魅力」「内面」から誉めるのが正解です。

 

 

 

笑いをとることについて

 

 

かっこいい男よりも、面白い男がモテる。これは、はるか昔からずっと言われ続けていることですが…果たして本当にそうなのでしょうか?

 

ましてや、これは婚活。笑わせられればいい、というわけではないでしょう。「男としての魅力」を増す、ことの一助となる笑いでなければダメなはずです。

 

笑いをとる時のポイント@ ギャグ

これはもう、全くの無意味です。「その場は楽しかっだけど、恋愛への発展はありえない」パターンヘー直線でしよう。余程のイケメンでなければ、大笑いさせても良いことは一つもありません。「この人、おもしろーい!」と恋愛感情は全く連動しません。

 

笑いをとる時のポイントA 自分たち以外の人をいじる

これもダメ。誰が見ても驚愕ものの大インパクトな人がいた場合はOKですが、そうでなければ、性格が悪い男だと思われるだけでしょう。明らかにネタとしてやっているような人間をいじるのならわからなくもないですが、先天的な事に触れて笑いを取ろうとしたり、一生懸命生きている人間を笑いのネタにするのは、人間として最低の行為だと思ってください。

 

笑いをとる時のポイントB 自虐ネタ

これもダメ。男側からしてみれば「謙虚さをアピールしつつ笑ってもらう」というつもりでしょうが、女性側からしてみれば単なる「情けない奴」でしょう。アナタが女性よりも優位に立っている状態以外での自虐ネタ、それ以外は成立しないと思って間違いありません。自虐ネタは婚活に向いた笑いではありません。

 

笑いをとる時のポイントC クールを装う?

逆転の発想ですね。はい、論外です。女性の笑顔を絶やさないことは男の義務。ましてや、これは婚活なんだから尚更でしょう。とは言え、一体全体、男はどうすればいいのでしょうか?

 

笑いをとる時のポイントD 無理に笑わせる必要はない

女性を笑わせようとするのではなく、自分が笑うようにしましょう。相手の話すこと全部に対して、本当に楽しそうに笑顔でこたえる、いつも笑顔でいる、これが秘訣です。女性に気持ち良く笑顔で話し続けてもらう、これが婚活における理想的な「笑い」なのです。

 

婚活がうまくいく準備ができたら、次は出会いを探しましょう!結婚に一番近い出会いの探し方はこちらから >>

 

 

自慢・アピールすることについて

 

 

女性に選んでもらうために、必死に自分をアピールする。自分の仕事を誇張して話してみたり、スゴイ人脈をこれでもかと披露したりする。同じ男として、そんな人の気持ちはよくわかります。

 

でも、この手のアピール、女性には意外と響きません。それどころか、「自慢ばかりのウザい男」と思われるリスクさえあるのです。

 

こんな自慢・アピールはいけない@ 自慢・アピールはウザい

結婚相手として認められようってんだから、惚れさせるためのアピールは不可欠。この認識は間違いありません。問題は、「単なる自慢」に陥ってしまっている男が大半だということなんです。今さっき合ったばかりの女性がいきなり「モテ自慢」してきたら、イラッとしませんか?それと同じ感覚です。

 

こんな自慢・アピールはいけないA スゴイ会社・仕事

超大手企業に勤めているとか、億単位の金を動かす仕事をしているとか。もちろん、魅力の一つであることは間違いないのですが、これを自分から話すのは絶対にダメ。仕事については、「こんな内容の仕事をしてるんだ」ということを、できるだけシンプルに話してください。更に突っ込んで聞かれたら…その時は、ガンガン言って良し!

 

こんな自慢・アピールはいけないB スゴイ人脈

これもありがち。芸能人が友達だろうが、伯父が政治家だろうが、ホリエモンが高校の後輩だろうが、あなた自身の魅力には何の関係もありませんよね。人脈自慢をしたければ、酒を飲みながら男の後輩にでもかましておいてください。

 

こんな自慢・アピールはいけないC モテ自慢

男としての魅力に自信が無い人ほど、モテ自慢をかましてきます。しかし、「そりゃあモテるよね、こんなに素敵なんだもの♪」とは、まず思われません。むしろ「モテない男」として認定されるでしょう。

 

こんな自慢・アピールはいけないD どこをアピールすればいいのか

例えば、体調管理のため週に5回は自分でご飯を作るようにしている、このような話は好アピールの一つになります。肝心なことは、「男の魅力」を連想させないようなアピールが、実は「男の魅力」をとても高めてくれるということなんです。

 

 

 

偉そうにすることについて

 

 

そんなつもりは無くとも、何気ないふるまいや言動が、女性からすると妙にえらそうに見えてしまうことがあります。後からのいいわけはできません。

 

全然納得できないかもしれないのですが、「女性とはもともとそういうものである」と理解するしか方法はないのです。とは言っても、実際に世の中にはえらそうな男が多いのも間違いないのですが。

 

こんな偉そうな行為はいけない@ 自説を語る

女性が話したことに対して、「それはこうかもしれないね」と軽く自説を言ってしまう。「そう思うかな」くらいのレベルで軽く言ったつもりであっても、女性は「なんだか上から意見された」とか「勝手に決めつけられた」と感じることがあるのです。なんといいいますか、とてもめんどくさいですよね。基本的に、女性は「意見」を求めているのではなく「共感」を求めているのだ、と思っておくべきです。

 

こんな偉そうな行為はいけないA 仕事の話

「仕事の話について」の項目で、仕事の話をする際の注意点を説明しましたよね。実は、もう一つ話しておきたい注意事項があります。例えば、女性が「不本意だけど事務職をやってる」という場合。アナタがどれほど気を遣ってポジティブな方向に話を持っていこうとしても、問答無用で「なんだかえらそう」と取られてしまう場合あるのです。十分に気を付けましょう。

 

こんな偉そうな行為はいけないB 友人をけなす話

単なるお笑いネタとして話しているつもりでも、「友達を下に見ている人」と取られてしまうことがあります。自虐ネタも含めて、「誰かをけなす話」はリスクが大きいので止めておきましょう。友人の話をするなら、誉めることが基本だと思ってください。

 

こんな偉そうな行為はいけないC 腕を組む

男の大半が無意識にやる振る舞いですが、女性の大半が「えらそう」だと感じる振る舞いでもあります。腕を組む行為は、問答無用でNGな行為だと覚えておいてください。ぜひ、このサイトの最初の「やってはいけない最悪な行動TOP5」をもう一度見てみてください。

 

こんな偉そうな行為はいけないD 足を組む

緊張がとけてくると、テーブルの下でつい足を組んでしまいがち。しかし足を組むことも、腕を組むことと同じく、えらそうに見られてしまう行為の一つなのです。ちなみに、足をガバッと広げたり、ダラーンと伸ばしたりすることもNGなのですが、こっちは「だらしない」と見られるからやってはいけないのです。

 

婚活がうまくいく準備ができたら、次は出会いを探しましょう!結婚に一番近い出会いの探し方はこちらから >>

 

 

批判する・反論することについて

 

 

もしアナタが、論理的に生きることを重んじているのなら、間違った情報を正したり、正義にもとる行為に対して釘を刺したいと思うことでしょう。

 

人間としてはとても素晴らしい考えと生き方だと思います。ぜひとも、ずっと続けて欲しいものです!しかし、婚活している間、女性に対しての批判と反論はあり得ません。絶対にNGなのです。

 

批判する・反論する行為はいけない@ 言葉の使い間違いは正さない

「役不足」や「破天荒」など、意味を勘違いしがちな言葉の使い方について、正しい指摘を行う。「知性溢れる行動」であることは間違いないですが、「知性溢れる素敵な人口だとは間違っても思われません。「頭痛が痛くなる」くらいのレベルの間違いであったとしても、何事もなかったように笑って聞き流せるくらいの器の大きさを持ってください。

 

批判する・反論する行為はいけないA 勘違いは正さない

「そのまま勘違いし続けていると、女性の身に危険が及ぶかもしれない」、そんなレベルの話であれば、すぐに正してあげてください。ですが、些細な勘違いであるなら「ヘー、それは知らなかった。面白いですね〜笑」でいいのです。それが、大人の男としての在り方です。

 

批判する・反論する行為はいけないB 批判はしない

「アナ雪か〜。歌もCGも良かっだけど、シナリオ自体は今ひとつでしたよね」みたいな、微妙に上から目線な批評。男はこんな感じで批評することが結構好きなんですよね。でも、もしかしたら女性は「アナ雪、特にシナリオが良かったな〜」と思っているかもしれません。そのため、このような批評・批判は避けるべきなのです。

 

批判する・反論する行為はいけないC 女性の趣味などを否定しない

「韓流ドラマ」や「ボーイスラブ」など、男にとっては非常に理解しづらい趣味。そんな趣味の話をされたとしても、女性に否定的な反応をみせることは許されないのです。反対に、「他の女性と会った時の話のネタになるんじゃないか?」というふうに考えるようにして、積極的にメモを取るくらいの姿勢で聞き入ってください。

 

批判する・反論する行為はいけないD 自分のことを批判されたら?

オタク趣味を馬鹿にされた!職業を蔑まされた! いや、気のせいかもしれないけどさ…そんな時も、激昂せす卑屈にならす笑ってやり過ごしましょう。あまり酷いなら、もう二度と会わないことにして、「お前なんてこっちから願い下げだ!」と心の中で叫んでください。

 

 

 

下ネタについて

 

 

堅い話だとしても下ネタだとしても、どんな話でも一緒に盛り上がれるような女性と一緒になりたい。それは当たり前な考えだと思いますが、そのことと「関係が初期の段階で下ネタを話す」のは全然別問題なのです。

 

いや、でも言い方次第では有りなのでは?わかりました。それでは、「下ネタの是非」について真面目に考えてみましょうか。

 

婚活での下ネタはどうなの?@ ギャグの下ネタ

エロスに直結しない下ネタは、子供にも使用OKな定番ネタの一つです。ネット上にも、上質なネタがごろごろと転がっているし!でもね。婚活の場で、少なくとも初期の段階で、これで笑いをとってもメリットはないでしょう。それよりも前に、エロスを直接連想しないかどうかの判断はとても難しいので、下ネタはリスクが大きすぎますよね。

 

婚活での下ネタはどうなの?A 本気の下ネタ

婚活の場で、これを披露する人の気持ちがわかりません。まさかとは思いますが、「反応から相手の工口度を計り、場合によっては…」みたいな高等テクニックなのでしょうか?少なくとも、このサイトをご覧の皆さんには使いこなせない上級ワザです。絶対に無しです!

 

婚活での下ネタはどうなの?B 過去のエロ話

「大学の時に付き合ってた彼女が、ちょっと変態っぱくてさ」みたいな話。男の視点からすると、「ただのお笑いのネタとして」話しているのですが、女性側の視点からすると「下心見え見えのエロおやじ」に見られてしまうみたいです。非常に残念ですね。

 

婚活での下ネタはどうなの?C 女性が下ネタを話してきたら?

女性の方から下ネタを話した来た。それならば!と調子にのって全力で下ネタに応戦!してしまうのは、ちょっと危険です。「自分から下ネタをふってきたのに男性が同レベル、またはそれ以上のテンションで返してくると、急に冷めてしまう」という女性を、私は何人見てきています。そのため、まずは軽く、軽〜くだけ、応じてみましょう。

 

婚活での下ネタはどうなの?D 女性が本気で誘ってきたら?

女性から本気で誘ってきた場合は、どうやら全力でそれに応戦しても大丈夫のようです。そんな展開になったら、男としてベストを尽くすようにしましょう。ただし、「相手が10で来るならば、自分は8」程度を意識して話をしてください。そして、「今日は楽しかったよ!→終了」となってしまう可能性が非常に高いことだけは、十分に認識しておく必要があります。

 

婚活がうまくいく準備ができたら、次は出会いを探しましょう!結婚に一番近い出会いの探し方はこちらから >>

 

 

会話中のしぐさについて

 

 

誰だって、自分の話を親身になって聞いてもらえると嬉しいですよね。しかし、もしもアナタが女性の話を真剣に聞き入っていたとしても、目をつむったまま相づちも何もなければ、相手はかなり不安になってしまいます。

 

つまり、女性に対しては「真剣に聞いていますアピール」がかなり重要になるのです。そしてそれを感じてもらうには、大きなリアクションがかなり効果的なのです。

 

会話中のしぐさの注意点@ 共感と肯定

これまでにも何度か書いてきましたが、女性は「否定」も「批判」も求めていません。もしかしたら、女性はアナタの「意見」さえも一切求めていないかもしれないのです。女性の話す内容を「肯定」し「共感」する。特に知り合い立ての頃は、この二つを常に意識しながら会話するようにしてください。

 

会話中のしぐさの注意点A 相槌をうつこと

「なるほど」「たしかにそうだね」「うん、僕もそう思う」、これらのすべての反応に最も関係する体の動きが、「うんうん」という相づちなのです。相づちはコミュニケーションにおける万能兵器なのです。うなづくだけでなく、「そうそう」「たしかに」といった言葉も混ぜること。

 

会話中のしぐさの注意点B 前のめりになる

顔を上下させるだけの相づちでは、アナタの感情は今ひとつ伝わりません。言葉を混ぜ合わせながら相槌を打つことも大切なのですが、それだけではなく、「うんうん、それで?」という表情で、前のめりになってみるのです。真剣に聞いてるよアピール度が強よります。

 

会話中のしぐさの注意点C 喜怒哀楽を使いわける

喜怒哀楽の感情表現は常に意識してください。たとえ興味が無い話でも、共に喜び、同じ対象に怒りを感じ、同じポイントで哀しみ、そして一緒に大笑いする。間違いなく、あなたに対する好感度は一気に跳ね上がるでしょう。

 

会話中のしぐさの注意点D 手足の動き

喜怒哀楽の表現に、手足の動きは不可欠です。そして、絶対NGとして挙げていた「腕組み」ですが、「たしかに!そりゃあ迷っちゃうのも無理無いよな(うんうん)」みたいな共感表現の一貫としてやるのなら、例外としてOKなケースもありますので使い分けが大切です。

 

 

 

 

結婚のきっかけとなった出会いで一番多いものは、友人・友達からの紹介、職場での出会いなどです。

 

しかし、この友人・友達からの紹介、職場での出会いは年を重ねるごとになくなっていきます。

 

年を重ねるにしたがって結婚できる確率が低くなっていく最大の原因が「出会いがなくなっていく」ことなのではないでしょうか?

 

このサイトをご覧になっているあなたはどうですか?出会いはありますか?お互いに結婚を意識した出会いはありますか?

 

もし、いい出会いがなくここまできているのであれば、待っていてもいい出会いはやってこないでしょう。自分から積極的に出会いを探さなければ一生独身で過ごすことにもなりかねません。

 

40歳を過ぎた男性が結婚できる確率は3%とも言われています。このようなデータからもわかるように、アラフォーの婚活男性は婚活を頑張って結婚を急いだほうがいいのかもしれません。

 

ここであるデータを紹介します。三菱UFJ R&Cの消費者調査によると、40歳を過ぎた男性でも婚活サービスなどを利用して婚活を頑張れば、結婚できる確率は39.6%まで上昇するというのです。

 

婚活を一生懸命頑張れば40歳を超えたとしても結婚できる確率はかなり高くなるのです。つまり、40歳を超えて結婚できていない人は積極的に婚活サービスなどを利用して婚活をしなければならないということなんです。

 

このことからわかるように、本気で結婚したいアラフォーの男性には婚活サービスを利用して本気で婚活することをおすすめします。データからもわかるように、婚活サービスを利用して婚活すれば結婚できるのですから。

 

そこで、ここではアラフォー婚活男性にオススメの婚活サービスをご紹介したいと思います。

 

婚活サービスと言っても色々な種類があり、自分のスタイルに合う合わないがあると思います。ですが、今からご紹介する婚活サービスは人気も実績も十分にあるものばかりなので、ぜひあなたの婚活の参考にしていただければと思います。

 

成婚率ナンバーワンは結婚相談所

 

 

婚活サービスには、結婚相談所、婚活サイト、婚活パーティー、などがありますが、その中でもアラフォーの婚活中の男性に一番オススメなのが、いい人がたくさん利用していて、一番の成婚率があり、結婚までの距離が一番短い結婚相談所です。

 

結婚相談所がオススメの理由は、結婚相談所には本気で結婚を考えている人だけしか登録していないからです。さらに、利用している人全員の身元が完璧に証明されているので安心して婚活できます。そのため成婚率が高く、成婚までを早くスムーズに進めることができるのです。

 

しかし、一口に結婚相談所といっても、何から何まで面倒を見てもらえる「仲人型」、ほとんど面倒を見てもらえない「インターネット型」、仲人型とインターネット型の中間の「データマッチ型」があります。

 

値段も大きな差があり、やはり「仲人型」が一番高く、「インターネット型」が一番安いです。

 

このように、結婚相談所を利用するとしても、しっかりと下調べなどをしてからどこを利用するのか決めなければなりません。さもなければ、自分に合わなかったり、いい人に出会えなかったりと多くの時間とお金を無駄にしてしまうでしょう。アラフォーにはそこまでの時間の余裕はありませんよね。

 

とはいえ、やはり結婚相談所は身元がしっかりしている人が利用していますし、成婚率が高いので、アラフォー婚活男性にはスゴクオススメです。

 

いい結婚相談所かどうかを判断する一番のポイントが、登録している会員が多いかどうかということなのですが、その条件に当てはまるのが全国展開している大手結婚相談所なんです。

 

しかし、大手結婚相談所はたくさんありますし、タイプも色々です。さらに、婚活中の個人個人の「好み」や「経済状態」の違いがあります。そのため、「ここが一番の結婚相談所です!」なんて一社に絞ってオススメすることができないのです。

 

 

どうやったら自分に合ったいい結婚相談所を探せるのか

 

 

自分に合ったいい結婚相談所を探す時のポイントは比較検討することです。そのためには各結婚相談所が作っている資料を見比べるのが一番です。ネットで検索して嘘ホント入り混じった情報を時間をかけて調べるよりもずっと自分のスタイルに合った結婚相談所を探し出すことができます。

 

もし、「過去に結婚相談所を利用したが結婚できなかった」という経験がある人がいるのであれば、その人はきっと最初にしておくべき資料を使っての比較検討をしていなかったのでしょう。もったいないですね。最初に比較検討の作業をしていれば、きっと今頃は幸せな結婚生活を送っていたはずですからね。

 

最高のパートナーと幸せな結婚生活を手に入れるためには資料を集めることは必須です。でも、資料集めって大変ですよね?ネットで一社一社サイトをまわって請求したとしてもかなりの時間と労力が必要となります。ひとつサイトを訪問して全てを入力して申し込みボタンをクリック。いくらパソコンの操作に慣れた人でも10分くらいはかかるのではないでしょうか。

 

ひとつの資料を請求するのに10分。10社分集めるとなると10×10分で100分もかかります。約2時間もかかってしまいます。スマホやケータイを使って入力するとしたらさらに時間をとられてしまうでしょう。本来資料請求はとても面倒くさくて時間がかかる作業なのです。まぁ、いい人と結婚するためですからそれくらいの我慢は必要だとは思いますが…。

 

しかし、そんな面倒な作業をすることなく簡単に資料を集めることができるサービスがあるんです。1〜2分の簡単な入力のみで10社以上の大手結婚相談所の資料を集めることができます。しかも無料ですし、結婚準備金がもらえたり、その他色んなサービスまで受けることができるんです。

 

その資料請求サービスを下に2つご紹介します。かなり便利で得するサービスなので、一刻も早くいい人との幸せな結婚生活を手に入れるために、ぜひ一度利用してみてはいかがでしょうか?

 

この2つから資料をもらっておけば、十分に比較検討できますし、ほかの結婚相談所の資料は必要なくなりますよ。

 

資料をもらったからといって、気が進まなければ結婚相談所を利用する必要は全くないので、安心して請求してもらっていいと思います。

 

日本中のたくさんの人が利用している!! 超簡単 結婚相談所の一括資料請求サービス

ここでは2社の結婚相談所の資料請求サービスをご紹介します。

 

それぞれのサービスで取り寄せることができる結婚相談所の資料が違うので(いくつかは被っていますが)、たくさんの資料を見比べて比較検討したい人であれば、2つのサービスから資料を請求すれば完璧ではないでしょうか。

 

このサービスは、資料を無料でもらえるだけではないんです。結婚相談所の無料体験ができたり、結婚準備金として30,000円ものお金がもらえたりするサービスがあるんです。結婚を現実のものとしたいアラフォー婚活男性はこのサービスを使って絶対損はしないと思います。

 

 

 

 

たった1分!無料で超簡単一括資料請求!

 

 

 

 

自分に合った結婚相談所が選べる!

 

  • 厳選された大手結婚相談所12社の中から気になった資料を何社からでも無料でもらえるのはもちろん、入会前の無料体験のサービスまで紹介してもらえます。結婚相談所をじっくりと比較することができます。
  •  

  • 婚活支援金30,000円までもらえてしまう婚活サービスです。

 

 

料金

総評

サービス

取り扱い資料数

無料

 

 

 

 

 

 

 

優良大手の資料を一括請求!!

 

  • 厳しい選考基準をクリアした大手結婚相談所16社の中から自分にピッタリな結婚相談所の資料を選ぶことができます(最大10社)。
  •  

  • 10万人に選ばれている無料で資料を一括資料請求できる婚活サービスです。

 

 

 

料金

総評

サービス

取り扱い資料数

無料

 

 

 

 

 

結婚相談所の資料はアラフォーの婚活男性が結婚するためにとても役に立つはずです。あなたの結婚が近づくような婚活情報が満載です。

 

「結婚相談所はちょっとね…」という人でも、結婚相談所の資料が手元にあるだけで、いい女性との出会いやこれからの婚活にとってのプラスになること間違いなしです!

 

結婚相談所の一括資料請求はきっとあなたの結婚の近道になるはずです。資料を比較検討して自分の理想の女性と出会って、そして結婚できるあなた好みの結婚相談所を見つけてください。結婚相談所を利用する気はなくても、ただ内容を読んでみるだけで婚活のためにたくさん得るものがあると思います。

 

資料の一括請求にはいろんなお得なサービスがついていますし、誰でも無料で利用できるので、この2社から一括で資料請求すれば他からの資料は必要なくなりますし、結婚をグッと引き寄せることができるはずですよ。

 

あなたが思い描く理想の女性との結婚や結婚生活を単なる夢で終わらせないでください。いつまでもあなたと共に幸せな人生を歩んでくれる最高の女性、そして最高の結婚生活を手に入れましょう!

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加